Gallery

開会の挨拶

_7300993.JPG第38回日本神経科学会(神戸国際会議場)3日目の終了後、18:00から佐藤研究室20周年祝賀会が神戸三宮にて開催されました。

七五三木准教授による祝辞から祝賀会はスタートしました。佐藤研究室の歴史のご紹介と若手研究者への薫陶をいただきました。七五三木先生は佐藤研究室設立時からのスタッフであり、当初から佐藤研究室を支え続けた屋台骨でもあります。七五三木先生ありがとうございました。左はOB岡本さん(現福島県立医科大)、右は相馬さん(現玉川大)です。


会食風景

_7301046.JPG会食は和やかに行われました。OB尾崎さん(現東京女子医大)と佐藤研究室に縁の深い眞田さん(現生理学研究所)のスナップです。眞田さん、尾崎さんともに最近まで海外留学(それぞれ米国と独国)されておりました。眞田さんは相変わらずの明るいキャラクターで本会を大いに盛り上げていただきました。本会の撮影は尾崎さんが担当くださいました。おふたりともありがとうございました。


会食風景

_7301008.JPG現役学生とOB,OGの交流。OB,OGの皆さん、貴重なアドバイスをありがとうございました。現役学生は最初は若干緊張気味でしたが、直ぐに打ち解けた雰囲気となりました。奥から生命機能D2若林君、同D2水山君、同D1角田くん、研究員木村さん、OG石川さん(現生理研)です。


会食風景

_7301009.JPG佐藤研究室に縁の深い方々も駆けつけてくれました。手前から真田さん(現生理研)、西本さん(現CiNet)のお二人は生命機能研究科大澤研究室のご出身です。浅井さん(現OIST)は野村研究室出身です。お三方共に佐藤研究室と非常に長いお付き合いを頂いております。西本さんは現在佐藤研究室と共同研究を行って頂いております。浅井さんは10周年記念(2005年)に続いて連続でのご参加となりました。ありがとうございました。内藤講師(奥側)は乾杯の音頭を無事に終え、ホッとしております。内藤講師は佐藤研究室歴15年目になりました。


自己紹介

_7301022.JPG新旧メンバーの自己紹介と近況報告が行われました。本年3月まで佐藤研究室に所属していたOBの末松君(現学術振興会特別研究員、阪大八木研究室)は後輩の水山君の話を聞き入っておりますが、OBの木田さん(現山口大学医学部)はお酒が足りなくなったようです。


自己紹介

_7300995.JPGOBの木田さん(現山口大学医学部)の自己紹介です。手前からOB相馬さん(現玉川大)、生命機能D3青山さん、同D1佐藤君、OB末松(現阪大)さんです。皆さん順番に自己紹介と近況報告をしていただきました。


OBからの祝辞

_7301057.JPG岡本さん(現福島医科大学)から本会に参加できなかったOBから頂いた祝辞をご紹介頂きました。OBの原さん、坂本さんからは祝辞を、OBの尾関さんからはビデオレターを頂きました。一期生の赤崎さん(現京都産業大学教授)からは記念のワインを頂きました。

多くの卒業生が様々な場所で活躍されていることを改めて感じることができました。祝辞、ビデオレター、記念品をお送りいただいたOBの皆様、本当にありがとうございます。


記念品贈呈

_7301074.JPGOB・OGによる記念品の贈呈が行われました。プレゼンテーターはOG石川さん(現生理学研究所)です。石川さんはサテライトシンポジウムでもご登壇され最先端の研究成果をご披露いただきました。ちなみに記念品は懐中時計でした。これからの佐藤研究室とともに時を刻み続けてくれることでしょう。


花束贈呈

_7301087.JPG花束の贈呈が行われました。発案は木村さん(現佐藤研究室研究員)、プレゼンテーターはOB定金さん(現理化学研究所)です。20周年記念祝賀会は主に定金さんのプロデュースで開催されました。定金さんはポスター発表で新しい計測手法についてご発表され、注目を集めました。発表準備お忙しい中祝賀会の幹事をしていただき本当にありがとうございました。


佐藤先生からのお話

_7301092.JPG佐藤先生からのご挨拶です。改めて佐藤研究室20年の歴史を振り返っていただきました。各地で立派に活躍されている卒業生が集まり、本当に嬉しそうです。


閉会の辞

_7301069.JPG佐藤研究室と縁の深い、大阪大学医学系研究科統合生理学教室三好智満先生より閉会のご挨拶をいただきました。ありがとうございました。佐藤研究室の直ぐ近くで佐藤研究室と親戚のように交流を続けていただいた三好先生のお話に感動いたしました。

この後、有志は2次会のため三宮の夜に消えていきました。ご参加いただいた皆様、祝辞、記念品をご贈呈いただいたOBのの皆様本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。